english
  • 10/8 池袋学校説明会
  • 10/14 わくわくワーク④
  • 10/15 高校学校説明会/個別相談会
小学生4年生〜6年生対象イベントはこちら
中学生対象イベントはこちら
2018 入学願書

沿革

1985年、元明星学園小中学校長遠藤豊らを中心に自由の森学園中学校・高等学校が開校した。当時の学校教育を支配していた点数序列主義や管理主義を批判した数学者、遠山啓の「競争原理を超える」教育を実現することを理念として掲げた。

1983年

元明星学園小中学校校長遠藤豊を代表として、自由の森学園設立委員会発足。遠藤裕

1984年

埼玉県私学審議会が中学高等学校設立認可

1985年

開校 学園長に遠藤豊

1986年

中学棟、体育館、新・学校寮完成自由の森学園空撮

1987年

中学1年から高校3年までの全学年がそろう

1991年

菅原文太理事長 就任(〜1992年)

1992年

卒業制作のビオトープが完成

1993年

東寮完成

1994年

学園創立者 遠藤豊が学園長を退任

1998年

教科を超えた「総合」として新たに30講座の選択授業を設置

2000年

週5日制に移行

2002年

バスターミナル完成

2003年

美術棟・情報教室完成、新教科「情報」開始美術棟

2009年

カリキュラム改定に伴い、中学校を週6日制とする
高等学校は土曜日に自由選択授業を開講

2011年

全トイレシャワートイレ化、全教室にエアコン設置

2015年

ユネスコスクール登録申請

自由の森学園開校時における 「教育研究協力者」および「自由の森学園設立委員会」

○ 教育研究協力者

森 毅(京都大学教授)
林 竹二(元宮城教育大学学長)
山住 正己(都立大学教授)
俵 萠子(教育評論家)
銀林 浩(明治大学教授)
小野 周(群馬大学学長)
若林 繁太(前長野市・篠の井旭高校長)
大田 堯(前都留文科大学学長)
宇井 純(東京大学助手)
藤田 恭平(教育評論家)
津守 真(愛育養護学校校長)
藤原 審爾(作家)
中森 孜郎(宮城教育大学教授)
永畑 道子(ジャーナリスト)
安野 光雅(画家)
毛利 子来(医師・教育評論家)
山田 洋次(映画監督)
野沢 茂(宮城教育大学助教授)
田中 岑(画家)
鈴木 五郎(跡見女子大学教授)
斎藤 茂男(ジャーナリスト)
半田 たつ子(日本女子大学講師)

○ 自由の森学園設立委員会

代表
遠藤 豊(前明星学園校長)
 
浅川 満(太郎次郎社代表取締役)
遠藤 豊吉(教育評論家・ひと編集代表)
尾形 憲(法政大学教授)
近藤 裕則(関東医師製薬株式会社社長)
原 徹(明星食物研究所代表取締役)
内田 良平(俳優・元明星学園 PTA 会長)
無着 成恭(教育評論家・前明星学園教頭)
松井 幹夫(数学教育研究者・前明星学園教論)
大友 昭(音楽教育研究者・前明星学園教論)
武 義和(音楽教育研究者)