english
8/5 6 学びの森
2017夏の催し
わくわくワーク

課外活動 活動そのものを純粋に楽しむ ̶̶ その中で好奇心を満たし、交流を深めていく

放課後は多彩な部活動をはじめ、個々がさまざまな活動に取り組む時間。それらの活動すべてに共通するのは、「活動そのものを純粋に楽しむ」ことを大切にしていること。結果がついてくる活動でも「まず楽しむ」。その中で好奇心を満たし、仲間との交流を深めていきます。

課外活動

部活動

運動系、文科系いずれも多彩なクラブ・サークルがあります。やってみたい活動があれば、自分で部を立ち上げてもOK。この場に生きる生徒たちの興味や行動によって、部活動も変化していきます。

○クラブ

犬・猫部/映画部/演劇連合/カバディ部/ガラス細工部/郷土芸能部/軽音部/高校バスケ部/高校サッカー部/時代劇部/写真部/女子サッカー部/人力飛行機部/スケボー部/生物部/卓球部/ダンス部/田んぼ部/チア部/中学サッカー部/中学バスケ部/中国舞踊部/手品部/鐵道研究部/バドミントン部/フットサル部/プロレス研究会部/文芸部/民族舞踊部/よろず部/陸上部

○クラブ

オカルトサークル/紙風船サークル/ゲーム作成サークル/独楽サークル/サンバサークル/将棋サークル/女子バスケサークル/はんこサークル/発声サークル/プレゼントスマイルサークル/ミニ四駆サークル

行事活動

体育祭や学園祭、音楽祭などの学校行事。それらが無事当日を迎えるまでには、コツコツと準備を進める各行事の実行委員会の努力が。おもに放課後を利用して取り組んでいます。

有志活動

有志で集まって演劇やライブなどの公演やその準備をするのに放課後を使う人たちもいます。図書館で活動している生徒が運営する編集部は、中1から高3までが共に冊子をつくる、異年齢交流の場です。

個人活動

とくに組織化せず、個人で活動している人もいます。自然の中を散策したり、理科室を借りて動物の骨格標本を作ったり。授業の延長で創作活動に興じる生徒や、研究室で教員の取り組みを手伝う人もいます。